境内のご案内

山内は東西約1km南北約500mの広さで、春から夏にかけては椿・桜・あじさい・沙羅、秋には天然記念物の秋明菊・紅葉などの花々が楽しめます。

境内は文化財の大仏殿をはじめ、11棟の諸堂からなり、伽藍内には、木造では類を見ない大仏さまをはじめ、多数の重要文化財などが安置されており、岩屋不動尊や慈母観音、白寿観音様もお祀りさせて頂いています。

また、西国三十三ケ所霊場めぐり遊歩道も整備されています。

境内地図

1.大門

大門

2.寺務所(拝観・ご祈祷受付・お守り授与所)

3.明王殿(交通安全祈祷所)

明王殿

4.本坊

本坊

5.信徒会館重源閣

6.鐘楼堂

7.大師堂

大師堂

元文3年(1738年)宝梁律師が設立。 2間4面の建物で、元護摩堂として建てられた堂で、 ペリーが浦賀に来た時、国難消除の祈祷を修したと有る。

8.大仏殿(市指定文化財)

大仏殿

享保12年より延亭5年にかけて、陶螢上人、宝梁律師の2代に渡っての建立。 間口6間半、奥行8間半の大仏様式の建物で、元本尊の大仏如来を祭った 由縁から大仏殿と称するが、現在は釈迦如来を本尊とする。

9.岩屋不動尊、龍神滝(護摩祈祷堂)

10.本堂(上人堂)

本堂

寛永9年(1632年)6月、上野城主藤堂大学助髙次公が、 雨乞い祈願成就の御礼として寄進されたもの。 元俊乗房重源像をまつった由縁から上人堂と称するが、 現在は阿弥陀如来を本尊とする。

11.宝蔵庫、新大仏殿